スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
canジャニ 8月8日 
文字色

今日は東武動物園でお手伝い

ということでやって来たのは村上と大倉


村上「ウ~ッホウッホゴリラだぞ~(照れてる)」

?!

大倉は恥ずかしいのか両手で顔を押さえてます

(安田@なにこれ?!)


村上「初めてしてわ」

ということで・・・


村上「今回は消費カロリーを人はどれだけ消費できるかを測っていこうじゃないかと
大倉「なるほどね」




ちなみに1日の平均(20代)消費カロリーは・・・
男性 約2660kcal
女性 約2065kcal


村上「ということで今回こうゆう機械を付けさせて頂きました 僕は今のゴリラで1.7lkcalと


2人が付けてるのは“消費カロリー測定器”
これで細かい数字を出していこうというわけです


まずは動物園の方にご挨拶




2人が最初に向かうのは
日本最高齢のある動物のお世話!


大倉「何か居るな~白と黒の物体動いてるよ~」
村上「居るな」
(錦戸@パンダ?)
飼育員「マレーバグっていう」
大倉「見て!中途半端な何であんなとこが黒になってんの~」



2人が最初にお世話するのは
マレーバク(バク科)

ペーター君♂29歳で人間では90歳!



大倉「これどうするんですか?」
飼育員「健康チェックとかがあるんでブラッシングを」
村上「(無言)」
大倉「え、じゃあ中入るんですか?」
飼育員「はい」
村上「中入るんですか?!」

カロリーリサーチ①マレーバクのブラッシング


ペーター君が高齢の為毎日やってるそう・・・
まず首元から!

村上「ふぇ~ってなってるやん」
大倉「首がふぇ~ってなってんで」

【ふぇ~=気持ちいい?】

ブラッシングしてあげるとバタンと横になって
気持ち良さそうに・・・気づけば寝ていました


30分後ブラッシング終了

カロリーリサーチ①バクのブラッシング(30分)
村上 43.3kcal
大倉 48kcal
これはウォーキング約15分に相当



続いては子供たちに人気の象のお世話へ!
現在2頭が飼育されているそうです

まずは仲良くなる為に餌をあげることに

大倉「名前はなんですか?」
飼育員「右がキョウコで左がアイ」
(横山@全然ちゃうやん)


飼育員「キョウコ~!」
村上「昔の恋人呼ぶみたい・・・」


餌のりんごをあげて仲良くなったところで
飼育員さんから


飼育員「実は、やっぱり体が大きいってことで糞の量が凄いので掃除をお願いしたいんです」
村上「出た・・」

カロリーリサーチ② ゾウの寝床の糞掃除


さっそく象の寝床へ


大倉「うわ、くっさ中々のいいsmell(香り)

大分臭い様子な2人
ちょっとサボろうとしてる大倉
せっせと掃除を始める村上


一生懸命力を込めて掃除しすぎて1回はきそうになった大倉君
臭いにも負けずにお掃除してる・・・
と!突然扉が開いただけで(空気入れ替えの為に)ビックリしてる村上君
思わず柵の向こうへ逃げていきました(笑)

大倉「ゾウ!頑張ってるゾウ!
村上「メッチャだじゃれ言うたで今」


こうして開始から40分後掃除完了!

カロリーリサーチ②象の寝床掃除(40分)
村上 68.3kcal
大倉 62.6kcal
お風呂掃除約15分に相当!



続いては・・・思わぬ場所での作業
案内された場所にはトラックが・・・

飼育員「(トラックの)荷台に乗って」

と言われとりあえず荷台へ・・・

スタ「村上さん(カメラ)よろしくお願いします。あんまり人が入っちゃうと動物を刺激しちゃうんで」
大倉「意味わからない!」

どうやら普段は入れない場所らしい


村上「どこ行くん?もう・・」
大倉「何っ?!」
村上「うわ~出た!」
大倉「でっかちょっと待ってこれ大丈夫?!」


そこにはキリン!
実はキリンたちの居るサバンナゾーンにて
餌の補充!というわけでトラックごと中へ・・・

カロリーリサーチ③キリンの餌補充


(安田@すごいな!リアルサファリサファリパークやんか)
(錦戸@楽しそう!)
大倉「録画点いてる?大丈夫?」
村上「つ、点いてる!」

早くもビビッてる2人


大倉「ヒナちゃん怖い・・・とヒナちゃんに抱きついてる大倉君


シマウマやダチョウも居る為それらの餌やりも無事完了
カロリーリサーチ③ キリンの餌補充(20分)
村上 35kcal
大倉 46.3kcal




続いてはキャットワールドにてネコ科の動物のお世話!
2人を待っていたのは・・・

村上「トラや!」
大倉「全然キャットじゃないやん

そう!ホワイトタイガー


村上「何するんですか?」
飼育員「餌をね」

カロリーリサーチ④ ホワイトタイガーの餌やり

ホワイトタイガーの餌は馬肉で、
2頭で2kgを一回でぺろっと・・・

さっそ近くまで

村上「うわ近い・・これは怖いよこれは怖いよこれは怖いよ

空腹のピークらしく興奮状態のタイガー2頭!
村上からさっそく餌をあたえるが・・・


村上「あっ・・・」
手の振るえで肉が落下
(丸山@情けなっ・・・)
大倉「手震えてるやん~」

村上「牙の振動がバイ~ンってくんねんけど」

大倉「すっごい迫力」
(渋谷@ウワンウワン言うてるやん)
大倉「ウワンウワン言ってる」
(渋谷@同じこと言ってる!)
大倉「喰らうって感じやな・・・」

餌付け完了!

カロリーリサーチ④ホワイトタイガーの餌付け(15分)
村上 19.3kcal
大倉 21.5kcal



続いてはある動物と合う為にふれあいどうぶつ村へ
ここでは26種類の動物とふれあえる

飼育員「ちょっとここで待っててください」

とどこかへ・・・

村上「岩茸と同じ時くらい悪い予感したわ」


村上の予感的中
現れたのは・・・ビルマニシキヘビ!でかい・・・


村上「これどうするんですか?」
飼育員「最近体調を測ってないんで体長を測ってもらいたい!」
村上「はぁ・・・」


カロリーリサーチ⑤ ビルマニシキヘビの体調測定


しかし蛇が大の苦手な村上


大倉「こんなん命の危険を感じるよね」
村上「感じた もう・・おれ一回死んだで今」


みんなで協力し測ることに!無事測定できました(笑)
と最後に


飼育員「首に巻いてもらって終わりにしたいと思います」


【はい?!】


2人そろって首に・・・
言葉では表しきれない顔の2人でした!


カロリーリサーチ⑤ ビルマニシキヘビの体調測定 (15分)
村上 19.8kcal
大倉 19.6kcal



飼育員「動物園の方はこれで終わりなんですが、遊園地の方でお手伝いしてほしいといわれていまして・・・」

そうここは遊園地と動物園が一緒になっているそうです


飼育員さんが案内してくれたのは昨年オープンしたカワセミというジェットコースター
その点検をして欲しいとの事


係員「階段を上まで上ってもらって・・・」


カロリーリサーチ⑥ ジェットコースターカワセミの点検


その作業内容はワイヤーの異常点検を・・・
準備を整えていざ点検へ


係員「勾配45度kらいあるんで結構な角度なんですよね」
村上「めっちゃ怖いやん」
大倉「うわっ
村上「これは怖いな」
大倉「これちょっと怖すぎない・・・?」


足元は金網で下がスケスケなんです


大倉「ちょっと誰か・・・誰か・・・
村上「ちょ風吹いてきてる!」


上に上るにつれて強風が


大倉「もうすぐ頂上やでうわ~!高い!」
(渋谷@めっちゃ怖いやん!)
大倉「ゴホッ ゴホッ」

【なぜか咳が・・・】

上ること30分ついに最後部へ
しかし!

係員「ここが頂上なんですけどここで終わりじゃないんですね」
村上「なんでやねん


下りも見なきゃいけなかったのです・・・


村上「うわ・・・下怖い!たつ!たつ
大倉「ジャニーさん助けてくれないかな・・・」
(横山@でた!また!)


10分後先端部分へ到着しスタートから1時間無事点検完了
最後は自ら試乗する


ご想像にお任せします


カロリーリサーチ⑥カワセミの点検(60分)
村上 61.2kcal
大倉 68.4kcal



というわけですべて集計


村上 246.9kcal
大倉 266.4kcal

(1日の平均消費は約2660kcal)

でした!



―スタジオ

安田「大変な作業ですね」
村上「数字に出ない辛さがありますよ」
指令「それ考えたら~なんだこのロケは
村上「なんですの?!」
指令「なんだあの蛇の時にもっと絡めよ!」
横山「蛇は絡むもんですもんね」
指令「逆に締め付けられるくらいの!」
村上「首折れるって!」
指令「いやいや締めつ・・・折れろ!」
渋谷「折れろ!コラ~!」
指令「今回の点数を発表しましょう 2点です」
村上「なんで?!」
指令「もっとカロリーを消費してるはずだよ!」
村上「してるやん・・してたやん!」
指令「全然もっとしてたやん?!」

【上司にタメ口はやめましょう】

渋谷「指令canにタメ口は駄目だぞ!」
横山「そろそろ罰ゲーム的なこと与えな駄目ですよ!本物のゴリラとお前(村上)どっちが強いか戦ってこいよ」
村上「負けるわ!」
指令「わからないよ」
村上「動物あかんねん」





[関ジャニ] ブログ村キーワード

あめ的感想へ



スポンサーサイト

続きを読む »

can!ジャニレポ 7月18日 サービスエリアの激ウマグルメを探せ! 


関ジャニ∞のcan!ジャニ



中央自動車道の
サービスエリア
激ウマグルメ探せ!

「「「イエーイ!」」」
「シュッシュッシュ(手裏剣?)」
「「笑」」



アンケートを事前にとり、人気BEST5の中からNo1を当てたら食べれます。
ロケ中の間食が厳禁


3人のうち1人がMC(ロケの進行、車の運転)2人がプレイヤーとなります。
ただし!プレイヤーがNo1を外した場合MCが試食します

ということでMCを決めます。




大「相当MCが食べられる」
丸「相当ですよ!」
安「どっちになりたい?」
丸「MCになりたい」
大「俺なしきりってハードルがあるから半々やねん」
丸「リアルやな~」




安「最初はグージャンケン」

大倉(グー)
丸山(チョキ)
安田(チョキ)





大「うお
ということで本日のMCは大倉に決定

(村@ビックリしてるやん!)



MC用の台本を渡される大倉

丸「オモシロオカシク オレラを生かしてくれ」
大「ちょ、それはちゃんと各々でやってよ!」
丸「myself!

早速ボケをスルーする大倉

3人は車(小さめ)に乗りSTART!





テレ朝前からスタート!
運転はご存知の通り大倉
助手席に丸山、後ろに安田





最初の目的地は談合坂SA

向かう途中の車内では・・・

丸「食べれるかな~」
安「1回経験してみると簡単やねん」

経験者の安田いきなりの楽勝宣言?!
経験者いわく“ご当地物”が狙い目だそう・・・



安「着いた~!」



談合坂SAに到着!
コチラは中央自動車道では最大のサービスエリアだそうです

(渋@スゴイね!)


まずはBEST5を発表

大「ジャジャン♪」
丸「はいこれ食べたい これ食べたい これ食べたい!」
大「早い!(丸山へ突っ込み)俺ツッコんだこと無いのに叩いてもうたわっ!」
と少し恥ずかしそうな大倉




子供連れが選んだBEST5

A談合坂ラーメン 700円
Bチキンカレー 700円
Cみみほうとう 1000円
D焼きもつ丼 750円
E煮込みハンバーグセット 980円


以上の五品



丸「聞き込み調査しようぜ」
大「したいの?」

丸「したいよ!」
大「じゃあしようか~」
丸「なんだお前は!」
大「俺言っとくけどMCやからな」

ということで館内へ


Bチキンカレーをチェック

安「よくチキンカレー頼みます?」
店員「タノミマス」
安「でも経験上店員さんは100%売れてますっていうねん」

ということでコチラは保留


A談合坂ラーメン D焼きもつ丼もチェック

店員「談合坂の方が売れますね」
という意見により 

丸「Dは捨てよう!」

つづいてCみみほうとう E煮込みハンバーグを調査

そこでみみほうとうについている人気NO1のプレートを発見

大「いや、捨てよ!」

即決!

なぜか大倉が勝手に決めました(笑)


丸「ハンバーグであったほしいね」
安「子供はハンバーグってイメージ強いもんね」

2人の決断は?!

丸「煮込みハンバーグセット!」


正解発表


大「正解発表いきます(ニヤリ)」





Cみみほうとう





体全体で喜ぶ大倉
ということでMC試食!

大「うまいわ~安言ってたやん!ご当地モノがいいんですよて」
安「あのね~解説させてもらうと此処来ると忘れるんですよ



ということで続いて向かうは釈迦堂PA


大「出発~っ!」

大倉テンションUP

大「めっちゃうまかったわ~ぁ↑

ご満悦のMC大倉爽快なドライブであっというまに次の目的地に




トラックドライバーの選ぶBEST5

A麻婆豆腐定食 750円
B野菜炒め 650円
Cあんかけチャーハン 800円
Dフジ桜ソテー定食 850円
E辛口パワーラーメン 700円





さっそく3人は聞き込み開始


安「ここのメニューで一番人気なのは何でしょう?」
店員「野菜炒め定食かな」
店員「富士桜ソテー定食も良いわよ」

安田の前回の反省もあり富士桜ソテーを勧めるが
丸山は・・・

丸「もし富士桜ソテー選んで辛口パワーやったらホンマ何するかわからへんで
安「笑」

若干の興奮状態!どうしても辛口パワーラーメンが食べたいよう・・・

安「ここで一番がッツリなのはなんですかね?」
店員「やっぱり野菜炒めになります」


丸「じゃあB(野菜炒め定食)でいく?」
安「食べたいっ」
大倉「おかしくならんといて?」
安「食べたいのは辛口パワーラーメンです!」




丸「章ちゃん!オレもそうやねん!」

!!


悩みに悩んだ2人の答えは・・


「「B!!」」


大「きた~!」
丸「でもあんまあったかくないよ!」
安「てことはラーメンじゃない!」


勝利確信の2人・・・はたして・・・


大「ジャジャン♪」

正解はE辛口パワーラーメン!





あまりのショック?!かなにかで
芸人さんみたく椅子からこける2人のプレイヤー
ということでまたまたMC大倉頂いてます

丸「シ―――」


????
少々壊れ気味のようです(笑)

今の発言が謎のまま・・・車内では

丸「ムッチャおしかったやん だって・・・言ってたもん!一緒にラーメン食べたいって言ってたもん!」
大「何があかんかったんやろうな~」






後悔しまくりな丸山を乗せて向かうは双葉SA


大「双葉SAに到着しました~!」
安「よっ!山本勘助!」
丸「どうも 山本ッス むっちゃ腹減りました 勘助腹減ったんスよ~」

と記念撮影ができる(顔がくり貫いてそこに顔入れるやつ!)から
顔をのぞかせて不満そうな顔でしゃべる丸山

大「早速いきます!」


壊れた丸山を置いて




カップルが選んだ双葉SA BEST5

A特選カレードーナツ 210円
B白桃ソフトクリーム 300円
C五平餅 250円
Dハムツヤヤサイクレープ 530円
E塩キャラメルメロンパン 210円






丸「うわ~美味しそう!!

向かったのはカレードーナツのお店

丸「自分の好きなんいく?」
2人が食べたいのはカレードーナツ

だが・・・

安「ここでしっかりご飯を食べたカップルが車中に戻るときに買うのはソフトクリームだろうよ!」

とマシンガントークをはじめた安田

大「お腹たまらんよ?」
丸「当たったら食べれるもん!」
安「そうやよ」
丸「当たらんかったらコレが食べたくても食べられないじゃないか!

壊れ始めた2人が出した答えは?!


「「B!(白桃ソフトクリーム)」」


正解発表!


大「ジャジャン♪」
「「うわ~っ!」」



白桃ソフトクリーム!




見事正解した2人は大喜び


丸「久々のソフトクリームや~(ちょっと何言ってるかわかりません)」


ですが!2人で1本のソフトクリーム
ここで安田が一言

安「試しにジャンケンしてみる?」

ということで試しにジャンケンを!


丸「ジャンケンぽい」

丸山 (チョキ)
安田 (グー)

安「勝ったっ頂きま~す」

と丸山の手にあったソフトクリームを取り上げた?!


このアト丸山に訪れる悲劇が~!!!


大奮状態の安田は丸山はお構いなしに1人で食べ続け・・・

丸「オレもやん!」
安「ジャンケンで勝ったやん!」
丸「あれとりあえずジャンケンやろ
大「とりあえずとかずるいやんな」
安「ジャンケンで負けてるんやからあかんわ~!」


まさかのジャンケンに負けた者 食うべからず



と丸山の反応を楽しむかのように最後の一口をパクリっ


丸「おまえ ちょっ おまえ おまえ!」

結局丸山は白桃ソフト食べられず・・・




最後のサービスエリアに向かう車内では・・・

丸「白桃ソフトクリーム食いたかったなぁ・・・」
安「めっちゃ美味しかった!」
丸「騙された~ 騙された騙された騙された だ ま さ れ た ~!(エコーが掛かってました)」




お次は諏訪湖SA





ここでは再び家族が選ぶBEST5

Aわかさぎフライ定食 900円
B安曇野酵母豚カレー 600円
Cさくら丼 1000円
Dそばづくし 1100円
Eソースかつ丼 690円








空腹で限界ギリギリの丸山・・・はたして当てられるのか?!
入念に聞き込みをし・・・?!

プレイヤー2人の間で意見が分かれた!

丸山 カレー
安田 わかさぎフライ

安「ちょ、とりあえず子供に戻ろ」

???

安「わぁ~スゴい!」
丸「わぁ~スゴい!カレー! カレーやな」
安「わぁ~お母さんカレー食べたいな!」
丸「でも今日晩御飯カレーやぞ!(お父さん?)」

と子供に戻った2人(?!)の答えはカレー・・・
(横@何この茶番劇!)

果たして食べられるのか?!




大「ジャジャンっ!」


正解はカレー

丸「うお~!」椅子から落ちました(笑)


限界ギリギリの丸山本日初の劇ウマグルメ


大「ジャンケンする?」
とMC大倉からの悪魔のささやきが~


勝ったら1人でカレーを食べられるが負けたら今日のロケは絶食で終了!
その中で丸山が選んだ答えは・・・



丸「やってみる?

一人食いの欲望に勝てず!


大「せ~の」
「「ジャンケンポン!」」




丸山 (チョキ)
安田 (グー)



丸「うわ~っ!

まさかの敗北!!!!
ということで安田がペロリとたいらげました


丸「インター行っただけ」




スタジオ

丸「インターのロケっといったらお腹パンパンやったじゃないですか。それが嫌やからお朝ご飯食べずに行ったけどルールが変わってたから

指令「すごかったね~」
丸「一個も食べてないですもん」
指令「あとね、大倉が一番楽しんでたよね」
大「楽しかったです!」
横「だって今VTR見てて3人爆笑してたもんな 何を思い出に浸ってんねん!」

指令「今回の点数を発表します・・・  100点

3人でハイタッチ




[関ジャニ] ブログ村キーワード



――――――――――――

個人的感想は追記で!



続きを読む »

canジャニ 07/04 ベニアコウ 
[関ジャニ] ブログ村キーワード

2009/0704

関ジャニ∞のcanジャニ!
幻の魚ベニアコウを釣り上げろ


OP

指令「暑いな~暑い!」
丸山「暑いですね」
指令「暑いけどツアー始まってるじゃないか」
村上「そうですね」
指令「どうなのよ“ツヤー”は」(ツアーを噛みました)
渋谷「ツヤーって」
横山「誰も亡くなってないですよ」
指令「亡くなってないか ごめんなさいね 本当に」
横山「きてくださいよ」
指令「顔が出せないので楽屋には挨拶行けないと思います」
横山「指令canさんが思ってる以上に僕ら知ってますからね!」





今まで巨大魚を捕獲してきましたが
今回はベニアコウ
深海1000メートルに生息し、
タイのように紅くて市場にはなかなか出回らない

そこで大倉・村上は情報の元千葉は南房総へ

大倉「幻の魚ベニアコウを釣り上げろ~!」
村上「(拍手)」
大倉「無理やりやな」


まずは達人に会うことに


村上「おはようございます」
達人「来ましたねぇ!ワハハハハハハ」
村上「(笑)」


実はこの達人は大物ハンター
クロマグロや、カジキマグロを釣り上げている


めちゃめちゃ美味しいらしい
めったに市場に出回らず、どこかのデパ地下に出だら
1匹10万だったりするという名人情報


写真を見せてもらう2人
表面は鯛のように赤く、身はゼラチン質の脂身だそう


達人「考えただけで大変



ということで釣り船へ向かう3人



大倉「この人10年間釣りのロケやって1回も釣れたことないんですよ」

10年間釣れてない男村上!

大倉「釣り人の運が一個もない!」



不安を残しながら仕掛けの準備
餌はイカの切り身を15個の針
深海1000mのため、1個ずつでは効率が悪いということで
こういう仕掛けだそうです



出航!



が、前夜の雨で海は大時化

2人も到着前にグロッキー!

(横山@ゴリラが負傷してる!)



釣り場に到着さっそく準備をする2人

すべてが大掛かり


大倉「全部で何回できるんですか?」
達人「最大で4回!だけど今日は3回しか・・・」



衝撃事実!
チャンスは3回のみ!!



仕掛けが深海1000m届くまでに15分
海底で30分、巻上げにも15分かかるので
1回の投入で1時間掛かってしまうのです!

さらに悪天候の為3回が限界とのこと



海のバトル開始!

1投目

達人「この投入に失敗したら一回お休み」
村上「お休み?」

と船長の合図で投入開始

まずは村上の投入!
が、大ピンチ!糸が絡まってしまった・・・
でもそこはなんとか乗り越え
2人とも投入には成功


大倉「一番下に付くまで15分かかるってよ」
村上「おん」
大倉「その15分耐えれるかな・・・?」

すでに体力ゼロな大倉さん


その時!

達人「村上くんのは食ってるかもしれない」



村上「俺釣れてそうな気がする」
(錦戸@言われて即行や)
村上「いや~やばい大漁やな」
大倉「(村上君)幸せやな」


村上大ハシャギっ!!!
しかしこの男過去10年間一度も釣っていない男!


達人によると上げるときは一斉にあげるとの事

大倉「うわ楽しみそれ」


じゃあ行くか!と船長の声



残り30mになったら自力であげる


村上「うわ~なんじゃあれ!」
達人「外道、別名怪獣って言われてる」

と乗り合いの方が超巨大魚を釣り上げた
ソコダラといい5~6kg程度だが、
30kgの大物を釣り上げました



大倉「重くてひっぱれない~」


へタレ節全開!


食ってるといわれた村上だがなかなか来ず
あきらめかけたその時!

村上「うわ!怪獣!」

10年越しの獲物をヒット!

大倉「初めて釣った魚怪獣(笑)」

大倉は1匹も釣れず1回目は終了
(錦戸@へタレやな)





このあと
canジャニロケ史上最大の奇跡



2投目

次はなんともなくとこなす2人
あとは獲物がかかるのも待つのみ

大倉「最悪これ(怪獣)食べる?」
村上「いやや」
大倉「ちゃんと赤いの見えたい」
村上「ベニアコウちゃんと釣りたい」

船長の合図で巻き上げ歌詞


着々と引き上げる村上の竿に異変が

村上「俺の来てるんちゃう?」
達人「なんか付いてるべ」


海の中から・・・
赤いお魚が!!


達人「いたいたいた!!」
村上「おったー!」
大倉「いたー!」
村上「誰?おれ?おれちゃう?どう?誰?
誰?誰?オレ?どう?・・・オレや!」


テンションが上がりっぱなし&喋りっぱなし

村上「オレや!オレオレ!」
大倉「ベニアコウ!」


続いて達人もヒット
無事ベニアコウをGET


大倉「捕ったど~!」
村上「それオレの!それオレのやつ!オレのパターンのやつ」

と一笑い^^

村上が釣ったベニアコウは3.4kgと
やや小さめだが売れは3~5万円はいらいい
一歩達人が釣ったのは6.5kgとかなりの大物

水圧の高い深海に住んでいるため
陸に上がった瞬間目が競り上がってしまうそうです



この勢いで3投目!

更なる奇跡が舞い降りる!?
あとのない大倉
(丸山@もう(村上は)ニヤニヤしてるやん)

村上「釣ったって良いね 結果って大事やね やっぱね」

絶“口”調な村上
その後10分間延々と自慢を続ける(早送り・・・)


村上「胸張ってギャラ貰えるなって・・・ってうわ~寝てる」

大倉に話を振ると・・・
熟睡
船が良い感じに揺れて気持ちよかったんでしょうね

そして待つこと30分
船長の合図で最後の引き上げ開始!


まだ何も釣っていない大倉
(錦戸@へタレ返上やんけ)
それに答えるようにガッツポーズ
大倉「絶対釣ってみせる!」


男大倉忠義奇跡を起こせるか!?


大倉「一向にゲソしか見えへん!」

(安田@頑張って~!)

達人「大倉君の所いるぞ、それ!」


そのとき

大倉「あっ!来たっ!」
達人「手繰れ手繰れ」
大倉「赤じゃない!さっきの気持ち悪いやつや

(渋谷@怪獣や~)

村上「しかも角生えてるぞ お前の」
大倉「ちょっと待って~ コイツ全然いらんわ」
(横山@可哀想 釣られてめっちゃ文句いわれとる)
大倉「ものっすごい気持ち悪い」

大倉が釣ったのは
先程村上が釣ったのと同じ


大倉「まだ諦めてないよ オレ!」


すると!?

大倉「2匹目!

なんとまたしても気持ち悪い魚こと怪獣!

大倉「いらんねん こんなん!」


まさかの2ショットも(笑)
村上もベニアコウは来ていない
このまま微妙な結果で終わるのか・・?!

大倉!

とその時



大倉「来たー!」

海面から赤いベニアコウが!!

大倉「よっしゃ!ミラクル!!

が、しかし

大倉「えっ 村上君ちゃうん?ん、ちょっと待ってや・・オレや!」
達人「魚の口をふん捕まえて」
大倉「オ、オレ無理・・・」
村上「無理やない!」
大倉「ヒナちゃん行って・・・」

結局村上に引き上げてもらった大倉

村上「痛い痛い!俺の指が!俺の指が切れるよ!」

糸か針かわからないけど親指に引っかかったのを
捕ってもらう為に大倉に捕ってもらい・・


村上「イエェーイ!」
大倉「釣ったど~!」

ともあれ大倉見事ベニアコウを
3.5kgと村上とほぼ同じ大きさをGET!


釣り企画初の2人とも釣ると海峡^^


村上「あー陸だぜ!」
少しふらふら~っ
大倉「よっしゃ~帰ってきた!」



ということで釣ったベニアコウを船長の
お家で料理してもらうことに


・白身の炙り
・煮付け
・照り焼き
・水炊き鍋


をご馳走に


最初に頂いたのは炙り丼
村上「うわ めっちゃうまいやん!」
目が飛び出そうになってます

(渋谷@怪獣みたいな顔や!)

大倉「めっちゃ美味しい」


お次に頂いたのは照り焼き
(横山@これ一番食いたいわ)

大倉「これめっちゃ美味い なにこれ~!」


煮付けも!
大倉「いける!すっごい弾力」
村上「シュッシュッって言う 噛んだら」

(丸山@シュッシュッって何?!)

とピンマイクを口に近づけて一生懸命音を伝える村上

村上「ね?シュッシュッって言うでしょ?」
と音声さん?に問いかけてます


最後に水炊きを・・・

村上「ふわぁ~シルクやな」
大倉「ホンマに美味いとき村上君ふわぁ~言うねんな」



スタジオ

渋谷「何あれ~」
村上「いや、結果出たでしょ!?」
安田「すごいと思うわ」
横山「魚食った感想“シルクやなぁ”ってどういう意味?」
村上「シルクのように柔らかい身!わからん?」
丸山「シルクは布やもん」
村上「“シュッシュッ”も噛まんとわからんよ?」
丸山「“シュッシュッ”って何なん?擦る音やん」
村上「・・・キュッキュッっていうねん」
渋谷「シュッシュッちゃうやん!」
横山「シュッシュッとキュッキュッはどっちなん?」
村上「キュッキュッやな(大倉に確認」
指令「お前はアホやろ!シルクを噛んだことないからわかるか!」
村上「でも手触りでわかるでしょ?」
指令「手触りでしょ~ それは!シルクは食べ物やないからね!」
村上「わかってないな~」大倉「わかってない!」


指令「それでは点数を発表したいと思います80点!」

村上「えー?」
横山「結果150点の映像やで」
指令「そうですよ!200点上げたいくらいです」
横山「お前の飯や」
指令「ゴメン 40点!」
大倉「おいっ!」
指令「あんなもうシルクとか言ったら絶対アカンやん!」
大倉「ちょっと待って~ぇや!じゃあ村上君と僕の点数わけてくださいよ!」
村上「ちょ、お前が言うか?!」
横山「散々迷惑掛けてきたあげくここへ来て!」



来週は『NO.1超人を調査せよ!』




can!ジャニレポ 04/04  癒しの滝を探せ! 
can!ジャニレポ 04/04

癒しの滝No.1を探せ!
横山裕×錦戸亮


錦戸「癒しの滝No.1を探せ!」(@大声)
横山「よう声出とるな!朝から」
よくできました

横山「僕達だけじゃやっぱ‘やぶ’役不足というか」
錦戸「僕達だけじゃ分かりませんからね」
横山「ゲストの方が来て頂いてることで・・・コチラの方です!」(@若干噛んだ)
強力な助っ人・・・
金さん「金さんと呼ばれてますので、よろしくお願いします。」

横山「滝はどれくらいご覧になってるんですか?」
金さん「2500は超えてるとおもいます」
横山「まさにエキスパートといいますか・・滝と言えばマイナスイ‘エ’ンとか出てるイメージがありますけども・・・まぁ、噛‘む’ますよ・・・」
【本日噛みまくりな横山】

横山「今回ちきんと(マイナスイオンを)測ろういうことでございまして」
錦戸「こちらを用意しました」(@アナウンサー風に)

マイナスイオンカウンター
といって1立方センチ当たりのマイナスイオン数を測定する機械


都会→約300個
森→約600~700個
という結果・・・



まずは塩川滝へ!!
金さんによると塩川滝は男性的だと言うこと

横山「なんか感じるわ 空気が違う」
錦戸「これは男的なんですか?」
金さん「感じませんか?ファイト一発!って上の方で」
【??】

30mもありビルの約8階分の高さ

横山「オレがこないだ打たれた滝23mくらいちゃうかったかな?」(@滝修行より)
金さん「比べてみますか?同じ様に滝に打たれて」
横山「バカ!
スタッフ「一応用意してきたんで・・・」
横山「そうそうコレを着て滝に打たれて・・・ってバカ!」(@修行服下に叩き落とした!!)
【ノリつっこみ!】

横山「初めてや ノリつっこみしたの」
27歳にしてノリ突っ込み初体験

という事で測定するために下へ
横山「かっこいいなぁ」
金さん「どうだ!って言ってるよ」
横山「残念ながらそれは僕も感じてるんですよ」
【早くも滝のとりこ】


測定は条件を同じにすべる滝から3m地点で測定
――塩川滝・・・2700個 




次に向かうは母のような滝
母の白滝
、高さは20m
横山「まさに母親のようやなぁ これはホンマにすごい!」
錦戸「これはキレイや」

岩に水しぶきがあたり表面がうっすら凍っていて
冬場は全体が真っ白になるほどの氷で覆われている

測定・・・3mの地点の岩には氷が!!
金さん「気をつけて 滑るよ!」
錦戸「ここ凍ってる!」
と横山君が・・・

ツルっ・・・ドン!!!!(@地味にコケました)
横山「なんでもっと派手にこけへんのやろう」
と測定係の錦戸君も行くものの・・・
やっぱり滑るみたい!!4,5回こけ、苦戦しながらも測定

――母の白滝・・・34900個


つづいては幻の滝
山の中で険しい仕事道を歩いて行くこと5分

日本100名産の1つ濁沢の滝 高さ40mにもなる

金さん「別名乙女の滝とも言われてます」
横山「ちょっとウブですね」

横山「水飲めるんですか?」
金さん「飲めるでしょう 我々がよくやる滝前コーヒーってやつだ」
横山「滝前コーヒーってなんですか?」
金さん「滝の前で滝の水でお湯を沸かしてコーヒーを飲む」
【そこで!滝前コーヒーをいただく!!】

お湯を沸かすこと5分

乾杯ー♪
横山「あー美味しい!」
金さん「気に入っていただけましたかね?」
横山「ダバダ~ダ~ダ~ダバダ~♪」(@某コーヒーのCMソング)

温まったところで測定・・・

――濁沢の滝・・・10480個

横山「所詮 お姉ちゃんはお母さんには勝てないってことですよ」


つづいてはー・・・度肝を抜かれる見神の滝 高さ42m
春には滝近くにある桜が咲くとのこと・・・

錦戸「何か見てまうもんな ぼーって」
横山「音も不思議やわ・・・そんな雑な音せえへんもんな」
心が和む2人

横山「ここで滝修行してる人いるんですか?」
金さん「ここは見たことないですね」
スタッフ「横山さんよろしければ・・・」
横山「そうそうそう・・・ゴム取ってこうやって着て、ここで滝に打たれて・・・ってコラっ!
【ノリつっこみ2!】

横山「生まれてからの2度目のノリつっこみです!」
錦戸「すごいな 1日2回やったで」

という事で測定!!

――見神の滝・・・3870個



最後に日本の滝100選、文化遺産にもなっている白糸の滝高さ26m

横山「コレはやばい」
錦戸「すげぇ!すげぇ!

1日の湧出量はなんと15万トン(ドラム缶75万本分)

測定するには自らの足ではいけないため
今日は特別に許可をもらい・・・ボードで!!


だが!なかなか近づけない3人・・・
横山から錦戸に操縦バトンタッチ!

横山錦戸「「危ない危ない」」

――白糸の滝・・・49600個
ということでダントツの1位




スタジオ
横山「コレすごいでしょ」
村上「よかったな」
横山「神秘的やな ちょっと珍しく(錦戸が)テンション高かったよな?」
村上「亮(どの滝)よかった?」
錦戸「一番最後のやつかな?(白糸の滝)あれはすげぇ!って言いましたもん」
村上「知ってる!」(@かかさずツッコミ)
can「癒されましたよ 最高でした 音といい 景色といい (滝には)動きがあるからね」

can「大倉どうでしたか?」
大倉「滝のイメージが変わりましたね」
can「どういう風に?」
大倉「この間まで殺されると思ってたんで・・・絶対癒されるもんなんだって」(@滝修行より・・)
横山「どんな風に癒されたん?(ヤレヤレ)」
大倉「それは・・・ヨイヨイヨイヨイ・・・いやや」
can「大倉は嫌な時は断れよ!」
大倉「嫌ですよ!」


終了\(^O^)/




続きを読む »

can!ジャニ 12/20 鐘の音で曲を奏でる 


can!ジャニ 12/20 渋谷・安田


―スタジオ
村「まだ自分(丸山)出せてへんねやろ」
丸「全然ですねぇ」
渋「いつだせんねん」
横「1発ギャグとかフられたやん」
丸「させられましたね~」
横「あん時オンエアー見たらバッサリ行かれてたんやろ?」
丸「いかれましたね・・・」
横「どんなんやたっけ?」
丸「Tゾーン」(普通に足そろえて立って、手を横に広げる)
横「そりゃ切るよ!そりゃカットだって」
指令「GOOD!!」
横「褒めたか~」
指令「いや‘Tゾーン’いいねぇ」
村「指令canだけですよ!」
指令「いやいやいや、ギャグっていうのはやり続けることなの」
丸「ほぉ~なるほどね!」
指令「あのねぇ~ずっとやってれば知らないうちに子供が真似するから!」
丸「それは、うん」
指令「ただあのみんな、なぁ~なんだかな君達は!」

どうしました??

指令「曲の原点っていうのを考えたことあるかなぁ~音の原点だね!」
村「ほぉ~」

音の原点??

指令「日本に生まれたからにはね、鐘の音を聞かないと駄目じゃないかなと・・・」
横「え、お金ってことですか・・・?」
指令「お前は本当にバカだなぁ・・金の音はチリンチリンか?」
横「そういうことじゃないんですか?」
指令「違うんだよ。横山~もっと欲を取り払いなさい。そう本能がありすぎるんです。」
村「あっち(鐘)ですか!?」
指令「そう~。ミスチル・サザンオールスターズ聞いたことがない人がいるかもしれない・・・」
村「ま~中にはね。子供とか」
指令「そうそう。ただ、みなさん!鐘の音を聴いたことない人っているでしょうか?日本に。」
丸「なるほどね~」
指令「あのね、鐘の音といってもいろんな音があります。」
横「え~!」
指令「高い音から低い音」
横「あれ共通じゃないんですか?」
指令「違うんですよ!すなわち、いろんな所を探せば鐘の音でドレミファソラシドが集まるんです!」
横「天才やな(指令canは)」
指令「いや~そうなんですよ!よく言われます」
丸「天才やん!」
指令「本日の指令は、鐘の音でドレミファソラシドを作って現代人の心を癒す1曲を完成させろ!だ・だ・だ・だ・だ!誰か突っ込め!」
丸「なんでやねん~!」

共に爆死 (チーン



鐘には2種類あり、
*梵鐘(ぼんしょう):仏事の予鈴や朝夕の時報を知らせる
*半鐘(はんしょう):家事など危急を知らせる

という事で渋谷と安田は千葉県成田山新勝寺へ
渋谷はけん盤ハーモニカ担当(音当て担当)
安田は主に鐘を鳴らすのを担当

安「成田山新勝寺でございます。初詣客がお寺の中でNO.1だと言われていまして・・・」

2008初詣では約290万人 寺院の中で日本1の人数
まずは成田山新勝寺の鐘の音を・・・

安「渋谷さんありました!あれです鐘!」
渋「お、おおう!!」
安「あれですよ」
渋「すごいやんか、なんか豪華と言うか・・・」

AM6:00
安「音階は‘ファ’でございます!」

成田山新勝寺 梵鐘鐘 ♪ファ


千葉県には寺院の和は3000以上・・・
移動手段は名水探しでも使用した
原付バイク
燃料はガソリン1ℓ!!


AM6:30 鐘の音を求めて2人出発!
龍湖時目指し西へ・・・

渋「ああ、気持ちいいなぁ」
安「気持ちええな~」

早朝からテンションな2人
しかし・・・

安「寒い寒い寒い!」
渋「寒いー!!」

そんな中走り続けると見えてきた千葉の絶景
(田んぼだらけ←)

渋「なんじゃこれ~!畑ばっかりや」
安「畑畑畑・・・」
渋「畑ばっかりや!」


スタートから60分 17km
龍湖寺を見落としそうになるが発見!

渋「意外と大変なロケや」
安「結構大変やな」

撮影OKなのか鐘があるのか聞くこと5分
OKがでて戻ってきた2人、しかし・・・

渋「ただ・・・龍湖寺鐘はちょっとちっちゃいって」
安「ちっちゃいです」

本堂の中に鐘を発見!

龍湖寺 半鐘 ♪ソ


続いて2人は瀧水寺を目指し走ること5分!
簡単に見つかったのだった!

梵鐘発見!!!
自分たちで鳴らすことがOKで好きなだけたたいていいらしい

瀧水寺 梵鐘 ♪ラ
渋「楽しい!」

渋「一番深いな 音が」
安「俺もコレが一番好きや!3つの中で」


次は宝樹院を目指して

渋「♪~結んだバイクで走り出す」安「盗んだらあかんで」
「暗い夜の帳りの中へ」

合体!

その後も歌いながら走る2人
ついには渋谷の顔がゆがみ、泣きそうに
安田は・・・普通。←

道がわからず男性に声を掛けた安田
安「すいませんお聞きしたいことがあるんですけどいいですか?宝樹院」
渋「お寺」
安「お寺なんですけど・・・」
親切に地図を見てくれていますが・・

「わかんねえな」

「笑」
安「ありがとうございました!」
渋「考えてはくれたのに!」

地図を頼りに進んでいく2人の前にお寺発見!
「あったー!!!」と喜ぶ2人

中に行くがお経中・・撮影NGかと思われたが

渋「緊張しました・・・なんとですね、2個ありましたよ」
安「梵鐘半鐘が」
渋「小さい方はなんぼでも鳴らして良いって言ってたんですけど、大きい方は1回2回ならいいよと」

なんと特別にOKをもらえたのです

宝樹寺 梵鐘 ♪ミ
宝樹寺 半鐘 ♪レ


なんと住職さんから程近い円応寺へと・・・

安「かっこいい」
渋「あれ見てかっこいいって絶対おかしい!」

完全に鐘の虜な安田


渋「ただ、わからんでもないけど」
安「かっこいいでしょ!?笑」
渋「普通の友達と来たときは言ったらあかんよ」

撮影の許可もOK!カッコイイ梵鐘へ!

円応寺 梵鐘 ♪ミ


被ってしまったため違う場所へ急ぐ2人
渋「しゃ~!」
安「S字カーブー!!!」

テンションMAXな2人だが・・・

安「やばい!ガソリンやばい!
渋「なんて?!」
安「ガソリンやばい!プスンプスンなってる」
渋「安のカブがプスプス言ってます!今にも止りそうです!」
安「安田号!」


ガス欠にて・・・調査断念!!!
ということで集めた鐘の音はレミファソラ
これで癒しの曲が作れるのか!?


スタジオー

指令「あの鐘を~鳴らすのは~安田~♪」
全員爆笑
横「安やったんや!」
安「ありがとうございます!」
指令「いやいや~よく頑張りましたよ」
渋「ありがとうございます」
指令「確かにね、心の汚れきったね他メンバーは鐘の音がよく聞こえなかったと思うんだ」
渋「そうですよ本当」
指令「私はしっかり聞こえました!」
「ありがとうございます」
横「いやいやでも、癒しの曲ができたのかどうか?」
渋「そうなんですよ」
村「できた?」
渋「一応!作ってはみたのでちょっと聞いてみましょう」

♪~

錦「音痴やなこいつ!」
横「今のはわかった。無責任ヒーローやろ?」
指令「次回のコンサートでやればいいじゃん。」
渋「いいっすね!」
指令「すっごい盛り上がるよ絶対!」
渋「僕もそう思います。オープニング1曲目でそれでいいんちゃうかって」

次回は2009年1月10日「スピリチュアルトゥリー」!



参加中/ジャニーズランキング
参加中/

感想等・・・

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。